結婚生活 現実

結婚生活

若い頃結婚に憧れてどんな相手と結婚するのか、どんなプロポーズをされるのか考えていましたが、現実は自分が考えていた通りにはならず、考え方が似ていて喧嘩がほとんどない相手と結婚しました。
夫婦仲はいいのですが、結婚は親も関わってくるのでいくら気が合う相手の親でも言いたい事はハッキリ言えません。
自分の事を大事にしてくれるなら言いたいことも代わりに伝えて欲しいものですが、男の人は親に中々思いを伝えられないようです。
独身の時に思った事もあまり言わなかったのに、結婚してから嫁のいいなりのように思われてしまうのが嫌なのかと思いました。

 

女性は思った事を言える人は少ないかもしれませんが、言えない人の為にも男の人には、結婚してから自分の家庭が一番と考えてほしいです。
その為にも言いにくくて嫌な事もこちらから言われる前に伝えて欲しいなと思います。
男の人に求めるのは自分の親にハッキリと意思を伝える事でしなくてもいい喧嘩を避けられると思いました。
大阪のブライダルフェアを探す

婚約指輪

結婚指輪はどうやって選ぶ?

彼からポロポーズを受けた時に、ダイヤの指輪は用意するからそれまで待っていてね。と言われていました。
まだ一緒に住んでいませんでしたし、式もゆっくり二人のペースでなんてのんびりしてると、一緒に住む新居の物件を覗きにいった時に理想の物件を発見。
見学させてもらうと、この値段でこの立地でこの広さ?という感じで、この物件は運命だ。
これを逃したら後悔すると思って契約。
そのまま同棲しながら結婚の準備を進めようと話していました。
ブライダルフェア東京はこちら!

 

両家ともおおらかな親で、結婚に反対もなく喜んでくれたのですが、ただの同棲ではなく、結婚を見こしての同棲ならば、まずは両家の親の顔合わせはけじめとしてしておかなければと彼が言いました。
両親の顔合わせの食事会までに、婚約指輪を用意しないといけないから見に行こうと誘われルンルンで見に行きました。

 

百貨店でブランドの指輪を見ては綺麗、素敵を連発したものの、目が飛び出そうな値段にため息。
一生に一度のものだからいいものをあげたいと言ってくれる彼ですが、これから式もあるし、新婚旅行もある。
という事で宝石卸のお店へ。

 

店員さんもブランドショップのようにツンっとしておらず、予算を伝えたのですが、その値段だとかなり大きなダイヤの指輪が作れますと言われました。
それなら予算を下げてどれくらいのものが出来るのかと相談したところ、先ほどブランドショップで見ていた指輪とそっくりなデザインの指輪が3分の1ほどの値段で見つかり、ダイヤ鑑定書を見てもかなりのグレードのものを見つける事ができました。
ブランドにあこがれはあったものの、一目ぼれした値段と品質に彼も私も大満足です。
名古屋のブライダルフェアならこちら